茶匠紹介

〜 狭山茶のプロ達が、皆様を歓迎いたします 〜

当塾の茶匠たちをご紹介​いたします。

和田 良一

狭山園

1951年創業。“トトロの森”狭山丘陵の裾野に位置する茶畑は、当主和田が先代から受け継いだミネラル豊富な沃土に恵まれ、秀逸な茶葉を育てる。和田の淹れる浅蒸しの香り豊かな狭山茶に、誰もが魅了される。そして和田家の隣にある古民家“クロスケの家”からは、大きなトトロが顔を覗かせる。

奥富 雅浩

奥富園

江戸時代中期創業。訪れた瞬間にその歴史と伝統の深みに感嘆せずにはいられない。15代目当主奥富雅浩は、魔法のような手さばきで見事な味のお茶を淹れてくれる。狭山では数少ない抹茶生産農家でもある。欧州でも認められたその味は、忙しい日常から逃れしばしの安らぎをもたらしてくれる。

横田 貴弘

横田園

大正天皇にもお茶を献上した歴史ある老舗、横田園。手入れの行き届いた庭先の芝生と松の木、誰もが入りたくなるお茶店舗の門構え。暖簾をくぐると、6代目当主横田貴弘が笑顔で出迎えてくれる。親しみやすい言葉でお茶の極意を語り、鍛錬されたお茶淹れの技で本物の狭山茶を味あわせてくれる。

池谷 英樹

池乃屋園

200年の長きにわたり、金子の茶畑を守り続けてきた池谷家の当主、池谷英樹は狭山茶の伝統を真に受け継ぐ若き名匠だ。古くから海外でも評価を得た池乃屋園のお茶は、狭山の地で育まれた確かな技術と“一葉入魂”の飽くなき品質へのこだわりによって、飲む者を悦楽の高みへと誘う。

 
 
 
 

Menu

Help

特定商取引法に基づく表記

​会社概要

カスタマーサービス: 04 2941 6700

SNS

お茶の一日体験スクール/さやまちゃ塾

狭山茶通販

©2020  Sayama Green Tea School